相続税還付(相続税申告後の方へ)

相続税還付の可能性チェック

icon該当項目にチェックを入れて下さい。

 
当初依頼した税理士がどちらかというと、会計経理専門である。
当初税理士の相続税申告件数が年に1〜2件と少ない。
相続税申告書が手書きである。
当初税理士があまり不動産に詳しくない。
相続税申告報酬が相場よりかなり安かった。
実際の実務は職員(補助者)が担当したようだ。
土地について現地調査又は役所調査をしていない。
個性の強い土地がある。
当初税理士の打ち合わせ段階での言動にやや不安を覚えた。
税理士が高圧的で、質問しづらい雰囲気がある。
土地の評価方法について説明を受けていない。
申告書に公図、路線価図、住宅地図等の付属書類が付いていない。
当初税理士が自分の肩書を強調する。
当初税理士が土地評価の不明点等をいちいち税務署に問い合わせてしまう。
不動産鑑定士による鑑定、土地家屋調査士による測量等、多面的な検討をしていない。
該当項目にチェックを入れてください。
 

相続税を納めて5年以内であれば、相続税が戻ってくる可能性があります。
専門スタッフが還付の可能性を無料診断いたします(全国無料出張)。



詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム