相続税申告(相続税が発生した方へ)

相続税額3分計算・シミュレーション

土地をお持ちの方必見!

相続税額の概算を計算(シミュレーション)します。
土地をお持ちの方は、所有している土地の評価次第で相続税が大きく下がる可能性があります。減額の可能性も合わせてチェックしてみましょう。
結果はPDFで保存できます。印刷の上 無料相談にお持ちいただくと、より具体的な節税方法を、よりスムーズにお話させていただくことができます。

※平成27年の税制に基づいて作成しています。

法定相続人の数
被相続人の配偶者はいますか(必須)
(被相続人とは、亡くなられた方をいいます)
(被相続人の) 子供はいますか(必須)
(既に亡くなられた子供に子がいる場合も含みます)
相続財産(おおよその金額で結構です)
土地
(不明な場合は、固定資産税評価額に8/7を乗じた金額を入力してください)
万円
建物
(固定資産税評価額を入力してください)
万円
現金・預貯金 万円
有価証券 万円
死亡に伴い支払われる生命保険金 万円
死亡に伴い支払われる退職金 万円
その他資産 万円
債務、葬式費用(おおよその金額で結構です)
債務 万円
葬式費用 万円
配偶者の取得割合
配偶者の取得割合(必須)

% 

 

土地をお持ちの方必見! 土地の評価次第で相続税は大きく下がる可能性があります。
減額の可能性も合わせてチェックしてみましょう。

小規模宅地の特例が使用できる可能性をチェック

自宅

アパートなどの敷地

駐車場

自分の事業に使用している敷地

不動産の特徴によって、相続税はさらに下がる可能性があります。

近隣に比べて広めの土地

がけ地・傾斜地

高圧線下

道路と著しい高低差のある土地

市街地山林

スーパー等の敷地

間口の狭い敷地

縄伸び縄縮みの大きい土地

倉庫等の敷地

忌み地

線路沿いの土地

不整形な土地

道路幅の狭い土地

貸家・文化住宅等の敷地

お稲荷さん等の敷地

相続税を抑える鍵は「土地の評価を適正且つ最低限に行うこと」。
フジ総合グループでは、スタッフによる相続土地評価も行っており
節税方法など具体的な相続対策をご提案しています。
適正な評価額を一度確認してみませんか?
詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム