相続税申告(相続税が発生した方へ)

土地評価チェック付き相続税申告システム

多くのお客様にご満足いただける理由はここにあり 納税額を適正かつ最下限に抑えた相続税申告へ導く… 土地評価・不動産評価チェック付き相続税申告システム

相続財産における「土地」の割合

相続財産の約4割を占めるといわれている「土地」。そのため、相続税を最下限に抑える鍵は、土地の評価を適正かつ最下限に行うことにあります。しかし、土地は個別性が強く、案件によっては数千万〜数億円もの評価差が発生する可能性も。フジ総合グループでは、必要に応じて不動産鑑定スタッフが作成する「土地評価意見書」を添付し、お客様にとって最も有利となる土地評価での相続税申告を目指します。

土地は千差万別。広大地、傾斜地、不整形地、道路と高低差のある土地……等、2つとして同じものはありません。
その上、都市計画法や建築基準法といった不動産関係法規や、借地権や底地といった権利関係の要素も複雑に絡み合っているため、そのひとつでも見落とせば、適正な評価額は求められません。

特に評価差が発生しやすい土地・不動産
フジ総合グループの相続税申告では、土地の評価を適正かつ最下限に行うため、
不動産のプロである不動産鑑定スタッフが全ての土地を隈なくチェック。
減額要素の見逃しを防ぎます。もちろん追加料金は頂きません。
※当該評価は、財産評価基本通達に基づく評価を前提としております。広大地評価意見書や鑑定評価に基づく時価評価を検討する場合は別途お見積りとなります。

フジ総合グループ オリジナルの土地評価意見書

土地は個別性の強い財産。土地評価の専門家である不動産鑑定スタッフが作成する細やかな評価意見書で、最下限申告の裏付けを行います。

フジ総合グループオリジナルの土地評価意見書。広大地意見書も作成いたします。

最大65%の評価減 「広大地評価意見書」も作成

広大地評価とは、最大で65%もの評価減となる大変お得な評価方法です。しかし広大地評価をすべきか否かの判定や、「広大地評価意見書」の作成には、経験やノウハウが求められます。フジ総合グループでは、判定から作成まで経験豊富な不動産鑑定スタッフが対応。適用が難しい案件もお任せください。

安心の補足資料

必要に応じて、オリジナルの補足資料を作成。
視覚的なわかりやすいデータで、土地評価の根拠を補強します。

土地評価意見書。土地評価・不動産評価の根拠を補強します。

開発を想定した図

土地評価意見書。土地評価・不動産評価の根拠を補強します。

利用区分をわかりやすく色分けした図

土地評価意見書。土地評価・不動産評価の根拠を補強します。

容積率の格差を記した図

土地評価意見書。土地評価・不動産評価の根拠を補強します。

近隣の現況を記した図

フジ総合グループは、不動産の評価を得意としています。
相続専門税理士と土地評価に精通した不動産鑑定スタッフの協働により、
土地の相続に最大の強みを発揮します。
複雑な案件もお任せください。

詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム