セミナー・メディア情報

メディア
2016-10-05

10/5(水)発刊「週刊新潮10月13日神無月増大号」に掲載されました。

10/5(水)発刊「週刊新潮10月13日神無月増大号」に掲載されました。

▼記事を見る
週刊新潮

「7割の人が納め過ぎ! 本当はもっと安い相続税の研究」と題し、フジ総合グループ代表の藤宮浩が、相続税を納めた人の間で少なからず発生している納め過ぎの実態を解説。

その中では、「相続税が自己申告制度である」「税理士の中に相続税に不慣れな者がいる」「相続財産で大きなウェイトを占める土地の評価が複雑である」といった相続税の特徴から、納め過ぎが起こりやすいことを説明。

その一方で、相続税には還付制度が整えられており、土地評価を適正に見直し、それを意見書としてまとめて税務署に「更正の請求」を行うことで、還付がされうることにもふれています。

公式サイトはこちら