セミナー・メディア情報

メディア
2016-12-14

12/12発刊「大家さんのための賃貸経営マガジン『オーナーズ・スタイル首都圏版vol.45冬号』」に掲載されました。

12/12(月)発刊「大家さんのための賃貸経営マガジン『オーナーズ・スタイル首都圏版vol.45冬号』」に掲載されました。
フジ総合グループでは、「土地評価しだいでこれだけ差がでる!相続税」と題し、適正な対策を生前に行うことで相続税の節税が図れた事例を紹介しています。

▼記事を見る
オーナーズ・スタイル

今月の事例は…
広大地評価が適用できるよう相続前にコインパーキングを設置!約5400万円の節税に

周辺の土地に比べて面積が著しく広大な土地(首都圏であれば500㎡以上)のうち、一定の要件を満たすものに適用される「広大地評価」。適用されれば土地の評価額が4~6割ほども下がる影響力の大きな規定ですが、幹線道路に面する土地に適用することは困難とされています。

今回は、幹線道路とそれに並行して走る道路、二方面に接する1500㎡の土地の生前対策。広大地評価を適用するため、幹線道路側にコインパーキングを設置し、幹線道路から土地の大部分を切り離すことをご提案。実際に実施していただき、それによって、評価額を約1億3500万円圧縮、5400万円の節税を図ることができました。