セミナー・メディア情報

メディア
2017-01-10

12/31(土)総合ニュースサイト「デイリー新潮」に掲載されました。

12/31(土)、『週刊新潮』と『新潮45』の記事を配信する総合ニュースサイト「デイリー新潮」に、『週刊新潮』2016年10月13日神無月増大号に「7割の人が納め過ぎ! 本当はもっと安い相続税の研究」と題して掲載された当グループ代表・藤宮浩のインタビューが、転載されました。

▼記事を見る
デイリー新潮

インタビューの中で藤宮は、「相続税が申告納税制度をとっている」「税理士の中に相続税に不慣れな者がいる」「土地評価が非常に複雑である」といった理由から、相続税の納め過ぎが発生している実態を報告。また、「更正の請求」を行うことで、こうした税金が還付されうることにもふれています。

さらに、「評価差の出やすい土地」として、「不整形地」「広大地」について言及。「小規模宅地の特例」についても述べ、相続税の周辺について、幅広く解説しています。

なお、このインタビューは以下のポータルサイトにも転載されています。

Yahoo!ニュース

Infoseek

exciteニュース

E START

はてなブックマーク