セミナー・メディア情報

メディア
2017-04-19

4/15(土)発売「家主と地主5月号」に掲載されました。

4月15日(土)発売「家主と地主5月号」に掲載されました。
「事例に学ぶ! やり方しだいで差が出る相続税土地評価」と題し、‟駆ける不動産鑑定士の藤宮”による相続税還付などの事例を連載しております。

▼記事を見る
地主と家主5月号

今回のテーマは…
「市街化調整区域にある駐車場の評価を見直して約600万円の相続税減額を実現」

今回の事例でポイントとなったのは「市街化調整区域における雑種地の評価」です。市街化調整区域内は路線価が付されていないことが多く、原則「倍率方式」で評価します。また、雑種地の評価は、評価倍率表に分類がないことが多くその場合は、状況の似ている付近の土地の価額をもとに評価を行います。

当初の評価で、対象地は市街化調整区域にあり、雑種地であるにもかかわらず間違った評価を行っていました。弊社が評価の見直しを行い還付請求を行ったところ、評価額は約1,500万円下がり、税額で約600万円の還付が認められた事例をご紹介しています。