セミナー・メディア情報

メディア
2017-05-19

5/15(月)発売「家主と地主6月号」に掲載されました。

5月15日(月)発売「家主と地主6月号」に掲載されました。
「事例に学ぶ! やり方しだいで差が出る相続税土地評価」と題し、‟駆ける不動産鑑定士の藤宮”による相続税還付などの事例を連載しています。

▼記事を見る
地主と家主6月号

今回のテーマは…
「建物敷地の一部を私道として評価し直して約170万円の相続税還付を実現」

私道には、「通り抜け道路」のように、不特定多数の者の通行の用に供されるものと、「行き止まり道路」のように、専ら特定の者の通行の用に供されるものがあり、それぞれ評価方法が異なります。

今回の事例では、当初の評価で、宅地と一体評価されていた私道を分け、適切に評価し直したところ、評価額が約800万円下がり、約160万円の相続税減額が認められました。