セミナー・メディア情報

メディア
2017-07-07

7/5(水)発売「税務広報」に掲載されました。

7月5日(水)発売「税務広報 2017年8月号」に掲載されました。
「もう失敗しない!路線価にまつわる土地評価実務」と題し、不動産鑑定士の小野寺恭孝が、「路線価とは何か」「路線価評価を誤りやすいケース」などについて解説します。

AERA

相続税路線価は相続税土地評価で重要な指標です。毎年7月初旬に発表され、それをもとに宅地の評価が行われます。

路線価は、判断が難しいケースが少なからずあり、結果として、間違った評価となることが少なくありません。今回は、こうした間違いが生じやすいポイントを、わかりやすく説明。実務家に役立つ情報を提供します。