セミナー・メディア情報

メディア
2017-11-13

11/8(水)発刊「オーナーズスタイル東海版vol.7冬号」に掲載されました。

11/8(水)発刊「大家さんのための賃貸経営マガジン『オーナーズ・スタイル東海版vol.7冬号』」に掲載されました。
フジ総合グループでは、「土地評価しだいでこれだけ差がでる!相続税」と題し、土地の評価を適正に評価することで相続税が還付された事例を紹介しています。

▼記事を見る
オーナーズ・スタイル

今月の事例は…
「市街地農地」の落とし穴

今回は、市街地にある農地の評価を見直して相続税の還付が受けられた事例です。

市街地農地を評価する方法のひとつとして「宅地比準方式」というものがあります。この評価方式では、農地が宅地であるとした場合の価額から宅地に転用する場合にかかる宅地造成費を控除して評価を行います。この宅地造成費は、国税庁により地域ごとに定められ、傾斜度が大きいほど、控除される造成費の金額も大きくなります。

今回の事例では、甘く見積もられていた傾斜度を厳密に評価し直した結果、約160万円もの相続税の減額が認められました。