セミナー・メディア情報

メディア
2017-12-15

12/15(金)発売「家主と地主1月号」に掲載されました。

12月15日(金)発売「家主と地主1月号」に掲載されました。
「やり方しだいでこれだけ差が出る相続税土地評価 不動産鑑定士フジミヤのまるっと相続塾」と題し、‟塾講師・藤宮”による相続税生前対策シミュレーションなどの事例を連載しています。

▼記事を見る
地主と家主12月号

今回のテーマは…
「小規模宅地等の特例を活用しよう!」

「小規模宅地等の特例」とは、主に被相続人の居住等の用に供されていた宅地等の評価額を、一定面積まで減額できる特例です。これを適用できれば、相続税額を抑えることが可能です。

今回の事例では、この特例の特性を考慮し、不動産活用を、当初予定していたアパートから、コインランドリーに変更することを提案、その結果、納めるべき相続税額が当初より半分に抑えられることをシミュレーションで示しました。