セミナー・メディア情報

メディア
2017-12-19

12/23(土)発売「週刊ダイヤモンド」に掲載されました。

12月23日(土)発売「週刊ダイヤモンド」に掲載されました。「大増税&マイナンバー時代の節税術」と題する特集の中で、当グループ代表の藤宮浩がコメントしています。

週刊ダイヤモンド2017年12月23日号大増税&マイナンバー時代の節税術不動産・相続・贈与編(p56-58)土地の形状で評価額が大きく変わる大量放出まであとわずか。生産緑地の「2022年問題」藤宮代表コメント&図版

相続に関する多面的な視点を提供している本特集。「相続と不動産は切っても切れない関係にあり、資産圧縮効果の高い特例を知ることで、相続税額を抑えることができる」といった書き出しで、「不動産の相続」について扱っています。

その中で、「土地の形状で相続税評価額が大きく変わる」例として、貸家を利用区分ごとに評価する例、筆にとらわれず実際の利用状況に応じて評価単位を定める例、不整形を考慮した土地評価の例を、それぞれ藤宮が解説。

さらに、「大量放出まであとわずか。生産緑地の「2022年問題」」として、この問題のメカニズムの説明と、生産緑地を保有する方や、生産緑地の多い地域に土地を持つ方に対して、注意の呼びかけを行っています。

公式サイトはこちら