セミナー・メディア情報

メディア
2018-02-16

2/13(火)発売「サンデー毎日」に掲載されました。

2月13日(火)発売「サンデー毎日2月25日号」に掲載されました。
「40年ぶり改正の新常識 新相続ルールの落とし穴」と題する特集の中で、当グループ副代表の髙原誠が、「配偶者の居住権創設」についてコメントしています。

サンデー毎日2月25日号

今国会で、相続制度の変更が盛り込まれた民法改正が審議されています。民法の相続分野の大幅な見直しは1980年以来、約40年ぶり。主な変更点としては、「相続人でない人でも介護の貢献に見合ったお金を請求できる」「故人に長年連れ添った配偶者の居住権を確保する」といったもので、超高齢社会の到来を受けての改正となります。

今回、サンデー毎日編集部により、この流れを受けた特集が組まれ、当グループ副代表の髙原誠が、識者の一人としてコメントしています。

サンデー毎日2月25日号の雑誌の情報はこちら

抜粋記事についてはこちら