セミナー・メディア情報

お知らせ
2018-06-01

相続税還付コラム「事例に学ぶ! 相続税還付のポイント」を更新しました。

本コラムでは、創立以来25年間で4,300件以上、相続税の還付を成功させてきた当グループの案件の中から、厳選事例を紹介し、還付の原因となったポイントを解説いたします。

事例に学ぶ! 相続税還付のポイント第10回 市街化調整区域にある駐車場、どう評価する?(還付額約600万円)
▼第10回市街化調整区域にある駐車場、どう評価する?を見る

相続税土地評価において市街化調整区域の雑種地を評価する場合、評価対象地が比較的宅地化の進んだエリアにある場合には、「近傍地比準方式」で評価すべきと考えられます。

今回の事例では、代表的な雑種地である駐車場が市街化調整区域にある場合について、当初、採用されていた原則的な「倍率方式」を改め、「近傍地比準方式」により評価し直した結果、約1,500万円の評価減、約600万円の相続税減額が認められました。