セミナー・メディア情報

メディア
2018-06-22

6/15(金)発売「家主と地主7月号」に掲載されました。

6/15(金)発売「家主と地主7月号」に掲載されました。
「やり方次第でこれだけ差が出る相続税土地評価 不動産鑑定士フジミヤのまるっと相続塾」と題し、‟塾講師・藤宮”による相続対策などの事例を連載しています。

▼記事を見る
地主と家主7月号

今回のテーマは…
「時価評価による見直しで相続税還付」

相続税が課税される財産の価額は、「時価」により評価することとされています。不動産の「時価とは」一般に、売買により成立する価格等を指しますが、相続税では原則として、国税庁の通達に従って評価した価額を「時価」といいます。

今回は、その両者の差に着目した事例をご紹介しています。