セミナー・メディア情報

メディア
2018-10-15

10/15(月)発売「家主と地主11月号」に掲載されました。

10/15(月)発売「家主と地主11月号」に掲載されました。
「やり方次第でこれだけ差が出る相続税土地評価 不動産鑑定士フジミヤのまるっと相続塾」と題し、‟塾講師・藤宮”による相続対策などの事例を連載しています。

▼記事を見る
地主と家主11月号
今回のテーマは…
「新築直後の建物評価を見直して相続税還付!」
相続税において、自用の建物は、相続開始時点の固定資産税評価額に1.0の倍率をかけて評価するのが原則です。しかし、建物の新築直後は固定資産税評価額が通知されていないため、その段階で相続が起こると、評価に迷うことになります。今回は、そんな事例です。