セミナー・メディア情報

お知らせ
2019-01-18

1/18(金)髙原誠の円満相続コラムを更新しました。「配偶者居住権」についてお伝えします。

夫婦の一方が先立ったとき、残された配偶者は一般に高齢で、住み慣れた家を離れたくないと望むことが多いものです。そこで、38年ぶりの民法改正に伴い、配偶者の生活保護の観点から「配偶者居住権」が創設されました。

今回の相続専門税理士 髙原誠による「円満相続コラム」では、「配偶者居住権」についてお伝えします。

▼コラムを読む
column_header