セミナー・メディア情報

お知らせ
2019-01-25

[第4回]相続税申告コラム「事例に学ぶ!やり方しだいで差が出る相続税申告」を更新しました。

本コラムでは、創立以来26年間で5,000件以上、相続関連業務をおこなってきた当グループの案件の中から、厳選事例を紹介し、やり方しだいで差が出る相続税申告のポイントを解説いたします。

事例に学ぶ!やり方しだいで差が出る相続税 第4回コラム 現地調査と役所調査を行う重要性
▼第4回コラム 現地調査と役所調査を行う重要性 を見る
土地の評価額を決める要素は、地図や登記簿など机上の資料だけでは気づけないこともたくさんあります。

今回の事例では、現地調査で相続した畑と道路に約1mの高低差があることが確認できました。さらに役所調査において畑の一部が「都市計画道路予定地」にかかっていることが判明しました。これらの要因により約660万円の評価額減と約260万円の納税額減ができました。