セミナー・メディア情報

メディア
2020-07-21

7/7(火)発刊「大家さんのための賃貸経営マガジン『オーナーズスタイル関西版vol.25夏号』」に掲載されました。

「知らないと損をする!相続税還付」のコーナーで、「土地評価の見直しによる減額」の事例解説を、フジ総合グループ大阪事務所、税理士の糟谷と不動産鑑定士の住江が行っています。

▼記事を見る
オーナーズ・スタイル関西版vol.25夏号知らないと損をする相続税還付隣地と一体利用している土地の落とし穴
「隣地と一体利用している土地」の落とし穴

相続税の納めすぎを防ぐカギは「土地評価」。今回は2つの土地にまたがって建つ賃貸アパートについて、土地の利用状況や権利関係を精査し、敷地の一部を「無道路地」として再評価。結果として、約860万円の相続税減額が認められた事例です。

このように、相続税は、土地評価の内容を適切に見直すことで、納め過ぎた分が戻ってくることがあります。似たような土地をお持ちという方、ぜひご覧ください。