セミナー・メディア情報

お知らせ
2020-07-30

[第27回]相続税申告事例「事例に学ぶ!やり方しだいでこれだけ差が出る相続税申告」を更新しました。

本コラムでは、創立以来27年間で5,800件以上、相続関連業務をおこなってきた当グループの案件の中から、厳選事例を紹介し、やり方しだいで差が出る相続税申告のポイントを解説いたします。

事例に学ぶ!やり方しだいでこれだけ差が出る相続税申告 第27回がけ地を有する宅地の評価は?
▼相続税申告事例 第27回がけ地を有する宅地の評価は? を見る
「がけ地を有する宅地」の価額は、まずその宅地が「がけ地等を有しない宅地」であった場合の評価額を求め、これに「がけ地補正率」を乗じて求めます。

今回は、上記の点に着目して評価を行い、適正申告を実現した事例です。