セミナー・メディア情報

メディア
2018-05-15

5月15日(火)発売「サンデー毎日5月27日号」に掲載されました。

5月15日(火)発売「サンデー毎日5月27日号」に掲載されました。
「必ず役立ちます!激変した相続対策最新マニュアル全公開」と題する特集の中で、当グループ副代表の髙原誠が、「小規模宅地等の特例」についてコメントしています。

サンデー毎日5月27日号

「小規模宅地等の特例」は「故人の配偶者や同居(同一生計)親族が、故人または故人と同一生計の親族の自宅敷地を相続した場合、その土地の評価額を「8割引き」(330㎡まで)にするという特例です。この特例は家を持たない人に対する相続税の支払いが生活基盤を脅かすことを防ぐというのが制度の本来の趣旨でしたが、この適用を受けようと作為的に「家なき子」になる相続対策が横行してきました。そのため、この特例要件の一部が4月から厳格化され「8割引き」の税制優遇を受けられないケースが今後出てくる可能性があります。

今回、サンデー毎日編集部により、この流れを受けた特集が組まれ、当グループ副代表の髙原誠が、識者の一人としてコメントしています。

サンデー毎日2月25日号の雑誌の情報はこちら

抜粋記事についてはこちら