セミナー・メディア情報

メディア
2017-05-22

5/15(月)発刊「大家さんのための賃貸経営マガジン『オーナーズ・スタイル東海版vol.5夏号』」に掲載されました。

5/15(月)発刊「大家さんのための賃貸経営マガジン『オーナーズ・スタイル東海版vol.5夏号』」に掲載されました。
フジ総合グループでは、「土地評価しだいでこれだけ差が出る!相続税」と題し、土地の評価を適正に行うことで相続税が還付された事例を紹介しています。

▼記事を見る
オーナーズ・スタイル

今月の事例は…
「高圧線下の土地」の落とし穴

高圧線が宅地の上空を通る場合、安全の確保のため、線下の建物には高さなど一定の建築制限が加えられます。

今回の事例は、依頼者のご自宅周辺に「送電線」が通過していましたが、当初の相続税申告では、高圧線の存在が土地評価に織り込まれていませんでした。

当社が土地評価を見直した結果、土地評価額は約430万円減、相続税額で約170万円の還付を受けた事例を紹介しております。