セミナー・メディア情報

メディア
2020-12-16

12/15(火)発売「家主と地主1月号」に掲載されました。

12/15(火)発売「家主と地主1月号」に掲載されました。
「不動産鑑定士フジミヤのまるっと相続塾」と題し、‟塾講師・藤宮”による相続対策などの事例を連載しています。

▼記事を見る
地主と家主1月号
今回のテーマは…
「実際の面積のほうが登記簿よりも大きい土地」
登記簿上の地積と実際の地積が異なる、「縄伸び」と呼ばれる事象。明治時代の未熟な技術で測量された記録が、今日の登記情報に引き継がれたことが原因といわれています。今回は、「縄伸び」によって「地積規模の大きな宅地の評価」を適用した事例を、マンガを交えて詳しくご紹介しています。