セミナー・メディア情報

メディア
2021-01-18

1/15(金)発売「家主と地主2月号」に掲載されました。

1/15(金)発売「家主と地主2月号」に掲載されました。
「不動産鑑定士フジミヤのまるっと相続塾」と題し、‟塾講師・藤宮”による相続対策などの事例を連載しています。

▼記事を見る
地主と家主1月号
今回のテーマは…
「相続税の払いすぎにつながる上空に高圧線が通っている土地」
高圧線下にある宅地は、地役権の登記がされていれば、土地の登記情報を確認することで減額要素に容易に気づけますが、線下補償契約のみで地役権の登記がされない場合、現地調査を怠ると、減額要素を見落としてしまう場合があります。今回は、高圧線下地の減価割合や評価の際の注意点についてマンガを交えて詳しくご紹介しています。