採用情報(リクルート)

スタッフの声 川村 理香(かわむら りか)

 

フジ総合グループを選んだのはなぜですか?また、どこに惹かれましたか?

スタッフの声(川村)1入社したのは、不動産鑑定士試験の短答式に合格した年でした。実務に携わることのできる職場を探しており、不動産鑑定協会の求人を拝見したのがきっかけです。

フジ総合グループは、相続に特化した事務所です。そのため、一般的な鑑定評価だけでなく、相続税評価も得意としております。そういった財産評価のノウハウを、実務を通して修得できる点に惹かれ入社しました。また、経営理念にもありますように、適正な評価の基、「中立」「公正」な立場でお客様のお役に立つ姿勢に魅力を感じました。

 

入社前後で仕事や会社に対してのギャップはありましたか?

スタッフの声(川村)2良い意味でのギャップはありました。
といいますのも、士業事務所というと、専門性が高く、一人でコツコツと作業をするイメージがあったのですが、「貢献」と「奉仕」の精神を大切にする会社方針の基、互いに思いやりを持って業務を行う、風通しのよい事務所だなと感じた点にギャップを感じました。

 

現在の業務内容と、そのやりがいを教えてください。

現在は、相続税対策業務をメインに行っています。これから起こる相続に対する不安やお悩みをお伺いし、対策のご提案を行う業務です。

まず財産内容をお聞きして、相続財産の洗い出しと評価を行います。このときの土地評価は、相続不動産に特化した当社の腕の見せどころ。試算だからと妥協せず、本当の相続税申告にも耐えうるような精度の高い評価を行います。

こうして算出した遺産総額に基づき相続税額を把握し、「遺産をどう分けたらよいのか(遺産分割対策)」「納税資金は足りているのか(納税資金対策)」「どうすれば節税ができるのか(節税対策)」といった多面的な視点でお客様に合ったオリジナルの対策をご提案しています。

相続に関する業務は、個人的事情や家族間の事情など繊細な部分にまで立ち入らせていただく仕事です。そのため、信頼関係を築くことができなければ成立しない業務だと感じています。人と人との関係ですので難しいこともありますが、お客様から深い信頼と感謝をいただいたときは、大きなやりがいを感じます。

社内の雰囲気を教えてください。

向上心の強い方が多い職場ですので、活気のある明るい職場です。部門や役職に関係なく、社員同士が自然と助け合えるところも当社の特色の一つではないでしょうか。

今後やっていきたいことは何ですか?

スタッフの声(川村)3私は、不動産鑑定士試験の受験生ですので、まずは合格を目指しているのですが、資格取得後は、この資格を活かして、相続税に関する業務全般に携わりたいと考えています。

相続に関する仕事は、「先祖から受け継いだ大切な資産を守り、有効活用し、後世に残すお手伝いをする」という役割を担っています。大切なご家族を亡くされ、精神的にも極限状態のお客様のお役に立つことは簡単ではありませんが、だからこそこの仕事に魅力を感じています。

より多くの知識と経験を収得し、一人でも多くのお客様のお役にたてる存在になりたいと思っています。

 

 

<< スタッフの声一覧に戻る