採用情報(リクルート)

スタッフの声 宮下 そのみ(みやした そのみ)

 

フジ総合グループを選んだのはなぜですか?また、どこに惹かれましたか?

スタッフの声(宮下)1仕事と勉強を両立できる事務所を探していたとき、フジ総合グループに出会いました。社内研修を行ったり試験勉強休みがあったりと「学ぶ」ということに力を入れている会社である点や、不動産に強い事務所である点に惹かれました。

また面接の中で、「相続税が得意というわけではないのですが…。」と代表税理士の髙原さんにお話ししたところ、「『今どれだけできるか』ではなく、『これからどれだけ成長できるか』を大切にしています。」と言葉をかけていただきました。そんな大らかな代表者の人柄に惹かれたというのも、入社を決めた理由の一つです。

 

入社前後で仕事や会社に対してのギャップはありましたか?

スタッフの声(宮下)2一貫して案件に携わることができる点でしょうか。

業務にもよるのですが、当社では案件ごとにチームを作り、最初から最後まで同じスタッフがお客様の対応を行います。そのため、補助スタッフも最初の面談から申告まで全てに関わることができます。

 

入社当初は、会計ソフトへの入力や現地調査といった部分的な作業を担当するものと思っていましたので、嬉しい驚きがありました。
一貫して担当することにより、より責任感を持って案件に携わることができます。

 

現在の業務内容と、そのやりがいを教えてください。

相続税申告業務と、個人・法人の顧問業務を担当しています。業務の割合は年間を通して言うと、「相続税申告業務:顧問業務=8:2」くらいですね。頭の切り替えは必要ですが、業務にメリハリが付くので、分野の異なる業務を並行して行うことに負担はありません。

また、これは全ての業務に共通するのですが、お客様は様々なご不安やお悩みを抱えていらっしゃいます。すぐに解決策をご提案したいところですが、状況に応じ最善策は異なりますので、実際にはお話を伺いながらお客様と一緒にオリジナルの最善策を作り上げていくこととなります。そのお話の中で「相談してよかった」と安心していただけると、私もとても嬉しくなります。

ですので、一つひとつの不安を少しでも取り除いて差し上げられるように努めることが、何よりのやりがいだと思っています。

社内の雰囲気を教えてください。

疑問や考えを積極的に発言し、先輩・後輩の垣根なく闊達な意見交換ができる雰囲気です。
税務部スタッフと評価部スタッフ(土地評価担当の不動産鑑定スタッフ)が集まり意見を交わすこともよくありますので、部門間の垣根もありません。理由を丁寧に添えてアドバイスをしてくださる方ばかりなので、とても勉強になります。

今後やっていきたいことは何ですか?

スタッフの声(宮下)3先輩方と一緒にお客様の相談を受けていると、「信頼される専門家は、知識や経験だけでなく人間力も優れている」と実感します。

“税”は身近でありながら見えない部分も多いので、不安を抱えていらっしゃる方は少なくありません。そんな不安を少しでも取り除き信頼される専門家となれるよう、知識を付け、提案の幅を広げ、人間力を上げて、よりお客様にご満足いただけるような仕事をしたいと思います。

 

 

<< スタッフの声一覧に戻る