採用情報(リクルート)

スタッフの声|子育てしながら働くことに協力的だと思います

子育てしながら働くことに協力的だと思います

入社の決め手を教えてください

入社の決め手は資産税専門であることと、産休育休が取りやすそうな雰囲気だなと感じたことです。
思ったほど残業がなさそうだった点もポイントになりました。

税務業界に入った当初は大きな事務所で経験を積みたくて、4大税理士事務所のひとつに入社を決めました。
そこでの5年間は外資系企業の日本法人の申告書作成業務などを担当しましたが、税理士の勉強をしている頃から相続税に興味があり、いつかは携わりたいと思っていましたので、その後ほかの事務所で資産税業務を行いました。

最初はお客様とうまくコミュニケーションを取れなくて落ち込むこともありましたが、やはりお客様の人生に密接に関わる仕事は魅力的です。
税理士として働くなら相続税に関する業務を続けていきたいと思っていたので、相続税専門の事務所である当社を選びました。

実際に働いてみて会社に対する印象はどうでしょうか?

子育てしながら働くことに協力的だと思います。
一人目の育休から復帰したときは、リーダー職を任されました。
時間に制約がありますので、自分で抱え込まずにスタッフに仕事を振ったり、会議は自分の出席が必要かを吟味して、場合によっては断るなどもしていました。

つい2か月前に二人目の育休から復帰したところですが、相談できる環境ですので、スタッフや上司に協力してもらいながらこれからも両立を図っていきます。

一日の流れを教えてください

毎日違うので回答がむずかしいのですが、朝は6時半前に主人と一緒に起きて身支度と登園の準備。
7時に子供を起こして、朝ご飯を食べた後は子供をせかしながら8時前に家を出ます。
走って保育園まで行って子供たちを預けた後、電車で出勤します。

主に育休前からのお客様を担当していますが、基本的に外出はなく事務所にいますので、スタッフの書類のチェックや主任の手が回らないところのサポート等もしています。
残業はできないので定時で終わらせるようにしています。

この仕事の面白さ、やりがいを教えてください

お客様は意を決して全ての資産情報を預けてくれる。
相当な信頼関係が築けていないとできないことだと思います。
お客様との深い信頼関係を築けることが、この仕事の大きな魅力です。

また私自身、実際に祖父母の相続税申告を身近に経験して、この知識は蓄えておきたいなと思いました。
法人税も前職で経験していますが、今のところ法人税に戻りたいと思ってはいないですね。

今後やっていきたいことは何ですか?

実務に携わりながら、後輩の指導といった管理業務もやっていきたいです。
また育休中は仕事から離れていたので「戻れるかな」と心配でしたが、復帰してみるとそうでもなくて、もっとお客様ともお会いしたいと思うようになりました。
仕事と家庭のバランスを考えながら、働くママとして頑張りたいと思います。

当社を志望する方にひと言お願いします

やりたいことを任せてもらえる社風ですので、ご自身の意欲次第で幅広い知識や経験が積めます。
入社後キャリアを積んで視野が広がったら、「売買に携わりたい」「セミナー講師をやりたい」など、興味があることは積極的にアピールしてみるといいかもしれません。
自由度が高く優しい性格のスタッフが多いので、働きやすいと思います。

 

スタッフの個人情報保護のため、個人の写真は使用していません。

<< スタッフの声一覧に戻る