採用情報(リクルート)

スタッフの声 豊田 修大(とよだ まさひろ)

 

フジ総合グループを選んだのはなぜですか?また、どこに惹かれましたか?

スタッフの声(豊田)1入社した理由は、「税務・会計の実務に就きたかった」という非常にシンプルなものです。

ただ、私が選んだというよりは、フジ総合グループに拾っていただいたという方が正確ですね。30歳を過ぎた無資格・未経験の人間にチャンスを与えてくれる事務所は皆無で、諦めかけていたところでしたので、フジ総合グループの一員になれたことに大変感謝しております。

 

入社前後で仕事や会社に対してのギャップはありましたか?

スタッフの声(豊田)2税務担当者も現地・役所調査を任される点でしょうか。

デスクワークが中心の業務と思っておりましたので、役所に出向いての調査や、対象不動産等の現地調査を税務担当者自身が積極的に行う姿勢には少々驚きました。現在は、見知らぬ土地へ行き、実際にお客様とお話をしながら調査をすることも、やりがいの一つとなっています。

 

現在の業務内容と、そのやりがいを教えてください。

メイン業務は、相続税の生前対策シミュレーションです。現時点での相続税額を試算し、万が一に備えるお手伝いをしています。

相続税の申告業務は、相続時点の事実を報告することですので、できる相続対策は限られますが、生前対策は、「今後に対する備え」ですので、できる対策の幅が広いことが特徴です。

対策のご提案に当たっては、税金の知識だけではなく、不動産の売買や活用、保険など幅広い知識が求められるので大変勉強になります。また、お客様が望むご提案を行い、「ありがとう」とお言葉をいただけた時は、とてもやりがいを感じます。

これからは、お客様がまだ認識していない潜在的な問題までをも顕在化し、解消に繋げられるようなコンサルティングマンに成長したいと思っています。

社内の雰囲気を教えてください。

明るく活気があります。
社の先頭に立つ藤宮自身、非常に明るく、気さくな方なので、社内の雰囲気もそうなっているのではないかと思います。また、各部門長を見ても経験・知識ともに豊富で、部下の面倒見のよい人が揃っているので、仕事がしやすい環境です。

今後やっていきたいことは何ですか?

スタッフの声(豊田)3コンサル部を盛り上げる!
実は、コンサルティング部は2013年に立ち上がった、できたてほやほやの部門です。これまでも、コンサルティング業務自体は行っておりましたが、ご提案で終わることが多い業務でした。

しかし、実際に対策を実行し、ご依頼の際に抱いていた不安を軽減していただかなければ、コンサルティングの意味は半減してしまいます。そこで、アフターフォローまでワンストップで行う部として立ち上がったのがコンサルティング部です。

まだまだ発展途上の部門ですが、「中立」「公正」なご提案をモットーに、コンサルティング部を盛り上げたいと思っております。

 

 

<< スタッフの声一覧に戻る