相続税を納めすぎないための土地評価の本

地主さん、不動産オーナーさんのための相続税の納め過ぎを防ぐ本ができました

相続税が安くなった、相続税が戻ってきた45事例を収録 あなたの土地にもあてはまる!?

相続専門税理士と相続に強い不動産鑑定士の最強タッグが送る
その名もズバリ「相続税を納め過ぎないための土地評価の本」

26年間で5,000件以上もの相続関連業務を担う中で培った当グループの土地評価ノウハウ・事例を大公開!

相続税は土地評価いかんで大幅に税額が変わる税金。
本書では、どのような土地で税額差が出やすいのか、わかりやすく解説しています。

全国書店にて発売!!

定価1,500円(税別)
A5判 / 現代書林

この本の見どころ

豊富な事例!あなたの土地にもあてはまる!?

さまざまな土地評価事例を具体的な数値を用いてご紹介。
いくら相続税が安くなったのかがよくわかります。

専門書なのにわかりやすい!

土地評価に詳しくない方でも理解しやすいよう、図表を多く取り入れ、専門用語を極力、使わない文章を心がけました。

お役立ち不動産コラムも読める!

「生産緑地」「サブリース」「相続税における鑑定評価」など、不動産オーナーさんに役立つコラムもご用意しました。

相続税が安くなった、戻ってきた45事例を収録

相続税減額・還付のノウハウが満載

■ 登記簿よりも実際の面積が小さい土地
■ 土地利用の仕方が登記簿と実際とで異なる土地
■ 形の悪い土地
■ 地積規模の大きな宅地
■ 広い土地
■ 道路に接していない土地
■ 細い道路、未舗装道路に接している土地
■ アパートや貸家の敷地

■ 上空に高圧線が通っている土地
■ 騒音・震動のある土地
■ 庭の一角に稲荷がある土地
■ 屋敷林や家庭菜園のある土地
■ 土器など遺物が埋まっている土地
■ 道路と高低差がある土地

…などなど。他にも土地評価事例が盛りだくさんです