相続税対策(生前対策をお考えの方へ)

測量サポート

<相続の生前対策>

相続発生前の「測量」には、次の効果が期待できます。

  1. 隣地との境界を確定させることで、物納適格財産となる。
  2. 隣地との境界を確定させることで、売却し易い財産となる。
  3. 土地の縄縮を発見した場合、公簿面積より少ない実測面積で相続税申告ができる。
  4. 相続財産を減らすことができる。
  5. 余裕を持って相続に臨める。具体的な相続税の節税対策をうてる。

1は、境界が不明確な土地は物納用として認められないため、「測量(境界確定含)」をすることで物納財産を事前に用意することが出来ます。

2は、相続時にやむを得ず売却する際に、公簿面積と実測面積が異なることで買手が付きにくくなったり、売り急いだために少ない面積での価格となる等、後々のトラブルが考えられます。このため、「測量(境界確定含)」をすることで、このようなトラブルを避けることができます。

3は、相続税申告は実測面積で申告できるため、公簿面積での申告よりも相続税の節税効果が見込めます。

4は、被相続人の生前に、いずれは必要になる測量費用を出してもらうことで、相続財産を減らすことになり、相続税の節税効果が見込めます。

5は、事前に測量を行って、相続財産の正確な評価額を知ることで「相続」「不動産」の専門家から売却・活用・分割等のアドバイスを受けやすくなり、具体的な相続税の節税対策を余裕を持って行えます。

以上より、生前における「測量」は非常に有効な相続対策と言えます。

<相続税申告>

相続が発生した場合の「測量」には、次の効果が期待できます。

  1. 隣地との境界を確定させることで、物納適格財産となる。
  2. 隣地との境界を確定させることで、売却し易い財産となる。
  3. 土地の縄縮を発見した場合、公簿面積より少ない実測面積で相続税申告ができる。

以上のように、相続が発生した場合においても、十分大きな効果が見込めるため、早期に測量の手配を行うことをお勧めします。

「測量」「境界確定」のことなら、フジ総合グループにご相談下さい。

注)個別具体的なご相談は提携している土地家屋調査士が承ります。

詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム