フジ総合グループが選ばれる理由

相続税に専門特化した税理士

税理士試験の選択科目の一つである「相続税法」。「相続税法」では、不動産の評価については学びますが、評価を行う根拠となる不動産の知識や法律は学びません。また「相続税法」は、ボリュームもあり難易度も高いことから、選択する税理士が少ないのが現状です。さらに、相続税は所得税や法人税に比べて申告数が少なく、すべての税理士が十分な経験を積むことも困難。
こうした理由から、「相続税」に専門性が生じるのです。当グループは創業以来、相続税に専門特化して取り組んでまいりました。このため、スムーズで円満な申告はもちろん、ご家族の将来を考えたコンサルティングまで対応が可能です。

相続専門事務所のノウハウで
安心サポート

病院にも専門分野があるように、税理士事務所も大きく「会計・経理専門」と「相続専門」に分けられます。
当グループは全業務のうち9割以上が相続に特化した相続専門の事務所なので、お客様へのコンサルティング及び、税務署との均衡などのノウハウの蓄積量が違います。

不動産鑑定士との協働事務所

相続財産に占める割合が多く、相続税の負担を大きくしやすい不動産。しかしすべての不動産が適正に評価されているとは限りません。
このため、相続税土地評価に精通した不動産鑑定士と相続専門の税理士が連携を密にし、蓄積されたデータ・ノウハウを活かして適正な評価を行うことで、不要な納税を抑えます。不動産の「時価」をふまえたアドバイスは遺産分割の際にも役立ちます。

不動産評価専門スタッフによる
徹底した不動産調査

相続税額の算出には相続税の知識に加え、不動産に関する知識が不可欠です。特に不動産の評価は複雑で、その評価額しだいで納税額が大きく変わります。当グループでは、専門スタッフが現地調査・役所調査を行った上で土地を評価するため、適正かつスピーディーに対応が可能です。
土地数が多かったり、個性が強い土地をお持ちの方こそお任せください。

6,700件以上の業務実績を
フィードバック

当グループでは28年間で携わった6,700件以上の経験とノウハウを活かし、相続不動産の適正な評価について税務署と粘り強い交渉を行うことで納税者の立場に立った適正な相続税申告を実現します。相続対策や納税後の相続税見直し(還付手続き)も承っております。
不動産の承継を伴う相続のことなら、私たちにおまかせください。

相続税申告以前のお悩みも
トータルサポート

相続専門の税理士、相続税土地評価に精通した不動産鑑定士、宅地建物取引士が協働することで、総合的な資産活用コンサルティングが可能です。不動産の登記(司法書士)、土地の測量(土地家屋調査士)など、複数の専門家が必要となる場合も当グループが窓口となりお手続きを進めますので安心しておまかせください。