【成功報酬】相続税の還付手続き
(チェックリスト、期限、制度のご案内)

相続税の還付手続き
ご存じですか?

相続税の申告期限から5年以内
であれば
納め過ぎた相続税は戻ってくる
可能性があります。

還付可能性
かんたん診断

還付になりやすい土地5分チェック!

あなたが相続した土地も還付対象になる可能性があります!

非対面 郵送診断受付中

還付可能性の無料診断を郵送でご利用いただけるようになりました。

相続税還付可能性の無料診断は
こんなサービスです

フジの「相続税還付手続き」が選ばれる理由

還付の無料診断は全国無料で行っております。
さらに、完全成功報酬ですので、相続税の減額・還付とならなかった場合、交通費・調査費・資料作成費等を含め、
費用は一切いただきません。

詳しくはこちら

相続税の還付手続きとは

相続税の申告期限から5年以内であれば、相続税は戻ってくる可能性があります

相続税の申告は、相続の発生から1 0 か月以内に行わなければなりません。相続人の確定、財産目録の作成、財産の評価、申告書の作成、納税といった、これまで経験したことのない手続きを定められた期間で終わらせなければならないのです。

「相続税の還付手続き」とは、相続税申告期限から5 年以内に、
納め過ぎていた相続税の返還を求める手続きです。
正式には「更正の請求」と呼ばれるもので、相続税を納めた方全員に認められた権利です。

相続税還付(更正の請求)の法的根拠

国税通則法 
第23条(更正の請求)要約

納税申告書を提出した者は、次の各号のいずれかに該当する場合には、当該申告書に係る国税の法定申告期限から5年間以内に限り、税務署長に対し、その申告に係る課税標準等又は税額等につき更正すべき旨の請求をすることが出来る。
ー 当該申告書に記載した課税標準等若しくは税額等の計算が国税に関する法律の規定に従っていなかったこと又は当該計算に誤りがあったことにより、当該申告書の提出により納付すべき税額が課題であるとき(以下省略)

国税通則法 
第23条4項(更正の請求)要約

税務署長は、更正の請求があった場合には、その請求に係る課税標準等又は税額等について調査し、更正をし、又は更正をすべき理由がない旨をその請求したものに通知する。

国税通則法 第70条(国税の更正、
決定等の期間制限)要約

更正決定等は国税の法定申告期限の日から5年を経過した日以降においては、することができない。

国税通則法 
第6条2項(更正の請求)要約

更正請求をしようとする者は、更正の請求する理由が、課税標準たる所得が過大であることの事実を証明する書類を更正の請求書に添付しなければならない。

相続税が戻ってくる3つの理由

01個別性が強く複雑な土地評価

土地はひとつとして同じものがなく、個別性が強い財産です。
さらに、不動産関係法規や各種権利が何重にも折り重なることで評価が複雑となり、評価者ごとに
評価が異なりやすいといわれています。相続税と不動産評価に精通した専門事務所の観点を入れる
ことで、当初とは異なる評価額が算出される可能性があります。

02最新の判例や通達からの見直し

裁判での判決結果や通達により、相続税土地評価の新たな基準が明確となるケースがあります。
そのため、相続税申告を行った時点では正しい評価であっても、最新の判例や通達をもとに評価を
見直すことで評価額を下げられる可能性があります。

03自己申告納税制度の落とし穴

相続税は納税者が自ら税額を計算し申告する「自己申告納税制度」です。
そのため、申告された内容が正しいという前提で処理され、納めすぎていても税務署側から指摘し
てくれることは原則ありません。納めすぎているかどうかは納税者側でチェックする必要があります。

詳しく見る

お手続きの流れ

フジの相続税還付手続きは、完全成功報酬です。
相続税の減額・還付とならなかった場合、交通費・調査費・資料作成費等を含め、費用は一切いただきません。

無料還付可能性の無料診断

フジ総合グループの相続税還付手続きは、全国のお客様にご利用いただいております。

フジ総合グループでは、28年間で4,800件以上の方に、累計で257億円以上の相続税還付を実現してきました。
下記の金額は、相続税を納め過ぎていることが認められ、実際に還付となった額です。
※一部、相続税の延納等と相殺されたものも含みます。

7割の方に
可能性が!

相続税還付の無料診断 8つの約束

専門スタッフが減額要素を丁寧にチェックします。
費用は一切いただきません。

還付可能性
かんたん診断

あなたの土地は大丈夫?

還付になりやすい土地
5分チェック!

最大
65%減!

まだまだできる!
広大地評価

相続税還付のよくあるご質問

  • 「相続税申告書」のみです。なお、修正申告を行っている場合は「修正申告書」も必要となります。その他、印鑑証明書、戸籍謄本、実印等は不要です。

その他のよくある質問はこちら