相続税対策(生前対策をお考えの方へ)

相続税対策 Q&A

Q. 一度書いた遺書について、内容の変更や撤回はできますか?

A. 遺言書に書いた内容の変更や、遺言書自体の一部もしくは全部を撤回することは可能です。
最も簡単な方法としては、新たに違った内容の遺言書を作成することです。遺言書は、後の日付で作成された遺言書のみが、有効となります。
単に内容を一部取り消したいのであれば、二重線で削除して「○字訂正」としても、マジック等で読めないように塗りつぶしても有効です。遺言書は判読できない箇所は無効となってしまうからです。単に遺言書を破り捨てるだけでも取り消したことにはなるのですが、公正証書遺言の場合には、原本は公証役場にあるので、自分の持っている遺言を塗りつぶしたり、破ったりしても取り消したことにはなりませんので、ご注意ください。

Q. 広い土地に駐車場付のアパートを建てたいと考えていますが、どんなことに気をつければいいですか?

A. 建築予定地が広い敷地で、他の用途にも利用できるスペースが取れる時は、敷地の分割次第で土地の評価に大きな評価差が生じる可能性があります。利用単位となっている1区画の宅地ごとに評価をし、細かく利用区分の変更をしたり、まとめたり、分割したりすることで、大きな節税対策になりますので検討が必要でしょう。

Q. 遺言執行者とは、遺言書の内容を具体的に実現する人をいいます。

A. 遺言書に書かれている内容・趣旨に沿って、相続人の代理人として相続財産を管理し、名義変更など各種の手続きを行います。遺言執行者は相続人自らがなることもできます。しかし、遺言は相続人間で利益が相反する内容も多く、相続人全員の協力が得られない場合も多々あります。よって、遺言の内容を第三者の立場から忠実に、かつ公平に実行してくれる遺言執行者を指定しておくことが賢明です。一般的には税理士、弁護士、信託銀行等が遺言執行者となることが多いようです

詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム