事例に学ぶ相続税申告

道路と宅地の境に水路が介在する土地の評価は?

相続税は、相続開始時点の現預金、株式、家屋、土地といった相続財産の評価額を算定し、その総額が基礎控除(3,000万円+600万円×相続人の数)を超える場合、原則、相続開始後10か月以内に、税務署に申告を行う必要があります。

相続財産の中で、一番のウェイトを占めるのが「土地」です。土地は、評価がとくに難しいために、判断が分かれることも少なくありません。そのため、土地の評価額を適正に算定できるかが、適正申告のカギとなります。

N県S市にお住いの酒井様(仮名)は、3か月前にお父様を亡くされ、自宅などを相続されました。自分で申告することを考えていましたが、当グループに申告業務をご依頼されたご友人に勧められ、申告業務をお任せいただけることになりました。

今回の事例でポイントとなったのは、「道路と宅地の境に水路が介在する土地の評価」です。

水路に囲まれた土地

酒井様のご自宅は、一見、角地のようなのですが、正面及び側方の道路面を幅1m程の水路がぐるりと囲んでいて、自宅へは、正面路線部分からは幅3.8mの暗渠化された通路橋部分、側方路線部分からは幅2.0mの暗渠化された部分からしか出入りができません。

このような「前面道路と宅地との間に水路が介在する土地」は、通常の角地よりも利便性が低いと考えられるため、まず「奥行価格補正」を行い、その後に「二方路線影響加算」を行います。ここで注意したいのは、角地を評価するときに通常、用いる「側方路線影響加算」ではなく「二方路線影響加算」を用いる点です。

「二方路線」とは、敷地の背面側、土地を挟むような形で通っている路線のことをいいます(下図参照)。酒井様のご自宅は、水路が介在し肝心の角地部分が接道していないため、角地が本来持つ、出入りのしやすさ、見通しのよさといった効用を発揮できません。そのため、純粋な「角地」ではなく、「角地」よりも利便性は劣るものの、一路線しか接道していない土地よりも便利な「二方路地」に準じる土地として評価します。

この際、二方路線影響加算は、「実際に道路に面している間口」である2.0mに対してのみ考慮します。

また、実際の間口部分は3.8mしかないためこの幅に対して「間口狭小補正」が適用され、間口が狭い分、奥行が長い土地ということになりますので、「奥行長大補正」も適用することができます。これらに基づき土地の評価額を求め、現預金や株式などの評価も行って申告書を作成し、税務署に提出しました。

今回の申告作業をご自身でされた場合、敷地全体が正面路線及び側方路線と綺麗に接道している角地と考え、評価していた可能性があります。この場合、評価額は約3,123万円となり、当グループの評価額より約605万円上がり、その分、余計に相続税を支払っていたかもしれません。

このように、当グループでは相続専門税理士と相続に強い不動産鑑定士との協働により、適正申告を実現することが可能です。

今回のポイント

道路と宅地の境に水路が介在する角地を評価する場合、通常の角地よりも利便性が低下することを考慮し、二方路地に準じる土地として評価する。気になる土地をお持ちの方は、一度、専門家に意見を聞いてみよう。